蚤の市で売られる陶器鉢
  • 台湾散歩

歴史を感じさせる【八角形の赤レンガ劇場版 西門紅楼】

更新日:4月11日

1908年に西門紅楼が日本籍建築家近藤十郎が設計し、建てられてから今まで、すでに百年が経ちました。もともと台湾で初めての政府が建設した公営市場です。若者の町として知られる「 #西門町」の繁華街の中に佇む

#紅楼」を設計したのは日本人建築家の #近藤十郎氏。近藤氏は当時、台湾総督府建築科を担当しており、西洋建築が得意だったといいます、大胆なアイディアで「 #八卦造形」を取り入れています、八角形は八方からエネルギーが集まり、悪い運気を遠ざけるこの形になったといわれています。後方の市場の主体部分は「十字架造形」で、「十字楼」と呼ばれています。これはキリスト教から来ています。こういった設計は東西建築史上初めてのものでした

西門紅樓の十字型の部分は「#16工房」と呼ばれ、台湾の若手デザイナーたちが製作した「メイド・イン・台湾」なショップがたくさん並んでいます。台湾ならではのグッズも多いので、一味違ったお土産探しにも最適です

台湾航空券・現地オプショナルツアー、台湾離島ツアー・レストラン日本語安心予約 |

「旅」の総合予約サイト「旅TIME」365日24時間予約受付中!

https://tabi-time.com/taiwan/




旅の予約は旅TIMEへ】


格安台湾航空券+ホテル セットで完全お得!


格安台湾航空券予約はこちら


予約は↓↓↓コチラ



※新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、 各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。 施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 引き続き楽しめる観光情報を発信していきます。 •ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ•


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示