台湾格安旅行は台湾散歩
  • 台湾散歩

歴史を感じさせる【八角形の赤レンガ劇場版 西門紅楼】

更新日:4月11日

1908年に西門紅楼が日本籍建築家近藤十郎が設計し、建てられてから今まで、すでに百年が経ちました。もともと台湾で初めての政府が建設した公営市場です。若者の町として知られる「 #西門町」の繁華街の中に佇む

#紅楼」を設計したのは日本人建築家の #近藤十郎氏。近藤氏は当時、台湾総督府建築科を担当しており、西洋建築が得意だったといいます、大胆なアイディアで「 #八卦造形」を取り入れています、八角形は八方からエネルギーが集まり、悪い運気を遠ざけるこの形になったといわれています。後方の市場の主体部分は「十字架造形」で、「十字楼」と呼ばれています。これはキリスト教から来ています。こういった設計は東西建築史上初めてのものでした

西門紅樓の十字型の部分は「