蚤の市で売られる陶器鉢
  • 台湾散歩

台湾寺廟の紙銭文化

更新日:4月11日

台湾の寺廟 へ行く際に #紙銭 を焼く場面見たことはありませんか 台湾の寺廟は必ず紙銭を焼くための金炉を置いてあります、紙銭は #金紙 #銀紙、の2種類金紙は神様へに捧げるお金(金箔貼り)銀紙は銀紙はご先祖様や #冥界 の方に捧げるお金です(銀箔貼り)中には米ドルを意識した「冥都銀行」券も見られます 金紙と銀紙はまた色々な種類ございます、興味のある方は是非調べてみて下さい。 台湾では #神様 へお願いする時または感謝の気持ちを申し上げたい時に一番最初お線香をあげます、その後金紙を燃やしてお参りの儀式が終わります。 先祖や亡霊へお参りする時は銀紙を使います銀紙を燃やす事は先祖や亡霊に送金すると言う意味です。 ぜひ台湾に行けたら皆様も神様にお願いをして金紙を燃やして捧げてみて下さい (ちなみに台湾では #金炉を持っている家も多いです、町中たまに置いてあります決してゴミ箱ではないので、気をつけてくださいね、#タバコの吸い殻 なんか捨てたら絶対に怒られます) 旅行の検討、予約は【旅TIME】または【台湾散歩】ぜひご利用ください




旅行の検討、予約は【旅TIME】または【台湾散歩】ぜひご利用ください



※新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、

各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。

施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。

おでかけの際には公式HPでご確認ください。

また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。


引き続き楽しめる観光情報を発信していきます。


•ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ•


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示