蚤の市で売られる陶器鉢
  • 台湾散歩

台湾の美食度小月担仔麺 

更新日:4月11日



台湾の「度小月」は1895年今から約100年前、福建省章洲に住む「洪芋頭」故郷を離れて台湾に渡り、漁夫として細々と生計を立てていました。毎年、夏から秋にかけて台風が多くこの時期天候がよくない時に、魚が取れませんので、この時期は「小月」と呼んでいました。この時期に、家族を養うため、天秤棒を担い、街中で呼び売り、麺を売ります、これが「度小月」の意味です「担仔」とは肩に担ぐという意味です、当時はお碗や食材のほかに椅子や机まで全てを担いで屋台を開いて販売していました、今でも伝統を守りつづ、担仔麵も、お店も、机や椅子も大きくはありません、この度小月担仔麺今も皆に愛され百年以上の歴史を刻んでいます台南に行ったらぜひご賞味してみて下さい。


台湾航空券・現地オプショナルツアー、台湾離島ツアー・レストラン日本語安心予約 |

「旅」の総合予約サイト「旅TIME」365日24時間予約受付中!

https://tabi-time.com/taiwan/


旅の予約は旅TIMEへ】


格安台湾航空券+ホテル セットで完全お得!


格安台湾航空券予約はこちら


予約は↓↓↓コチラ


※新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、 各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。 施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 引き続き楽しめる観光情報を発信していきます。 •ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ•

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示