台湾北部|金瓜石の旅

台湾北部の新北市瑞芳区にあった金鉱山、東北アジア第1の金山と呼ばれ、現在は廃鉱となっているものの、観光地化されている。

台湾本島北端に位置する新北市瑞芳区「 金瓜石 」は、海に面した山の町。日本統治時代、金と銅の産地として繁栄を極め、今も当時の鉱山遺跡が残されている、台北から日帰りでアクセスでき、人気スポット・九份と併せて観光するのもおすすめです。そして『黄金神社』台湾では数少ない日本統治時代の鳥居が見る事もできます、金瓜石の街は、鉱山施設や黄金博物館などの施設と日本統治時代の建物からなる金瓜石黄金博物園区として整備された。採掘の様子が再現された坑道や運搬に使われた線路、日本人宿舎や鉱夫食堂などのほか、当時皇太子だった昭和天皇が訪問する際に建てられた、日本建築の「太子賓館」も残されている。

 台北格安航空券情報を探す

​台湾航空券+ホテルセットプラン

名古屋-台北

68,086円~

往復航空券+人気ホテル

福岡-台北

ⓍⓍⓍ円~

フライト準備中・・・

関西-台北

76,941円~

往復航空券+人気ホテル

他の地-台北

76,319円~

往復航空券+人気ホテル

東京-台北

80,944円~

往復航空券+人気ホテル

他の地-台湾

73,879円~

往復航空券+人気ホテル