蚤の市で売られる陶器鉢
  • 台湾散歩

台湾のお菓子がたべたい、昔のお菓子その由来と歴史を紹介します。

更新日:4月11日

1. 柿餅:柿餅というのは非常に伝統的な食べ物です、日本にも柿餅はありますが味も非常に似ています、約 160 年ぐらいの歴史があります。その技術は清の時に台湾へ移民しに来た先人とともに伝わったそうです。

2.パイナップルケーキ:今は台湾定番のお菓子になります歴史によると、三国時代の劉備が孫權の台湾の伝統的な結婚式でも、女性側は家族や友達に「龍鳳大餅」というお餅(「龍」は肉餅、「鳳」はパイナップルを指し、甘いものと塩辛いものがちょうどペアになることで、幸福感が多く含まれた引菓子です。

3. 黒砂糖ケーキ:黒砂糖ケーキは台湾の澎湖縣にある特有のお菓子です。黒砂糖ケーキ元の名前は「琉球黒糖糕」と言います。黒砂糖ケーキは発酵させたお菓子で、中国語の発音は「發糕」、そして「發財」の発音に近いため、風習や生活好運と富が運ばれきたかのように感じました、お正月には欠かせません。

4.壽桃:台湾人が誕生日のときに食べるお菓子を紹介します,「壽桃」,誰でも食べられる物ではありません。壽桃は昔から神様の誕生日や、結婚式のときに使う非常に伝統的な食べ物です。もちろん一般の家庭で誕生日を祝うときも使いますが、気をつけなければならないことは、「做壽する人にしか出せない」。「做壽」というのは大体 60 歳からのお年寄りが誕生日を過ごすということです。

またまた台湾たくさん伝統的なお菓子はあります、ぜひ色々とご賞味してみてください


格安旅行情報満載!

旅行の検討、予約は【旅TIME】または【台湾散歩】ぜひご利用ください





【旅の予約は旅TIMEへ】


格安台湾航空券+ホテル セットで完全お得!


格安台湾航空券予約はこちら


予約は↓↓↓コチラ


※新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、

各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。

施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。

おでかけの際には公式HPでご確認ください。

また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。


引き続き楽しめる観光情報を発信していきます。


•ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ••ᴗ•

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示