top of page
台湾格安旅行は台湾散歩

最強おすすめ!台湾ソロ旅・女子旅・陶器好きさん集まれ!

更新日:2023年5月15日


鶯歌は200年ほど前から陶磁器が作られている町で、かつて日本人が器の作り方を伝えた歴史もある。レンガ造りの古い建物に器のお店が連なって、時が止まったような雰囲気が漂う。この町は、台湾茶の道具作りに取り組む工房が多い一方、観光地として週末は多くの人がやってくるスポットでもある。


|鶯歌駅の外観


|バロック式建築が立ち並ぶ鶯歌の老街

レンガ建築が素敵!この老街と言われるエリア一帯に、陶器や雑貨店など数百軒のお店が店を構えています。

老街陶館

商店街の内部は陶器類や台湾雑貨、翡翠やパワーストーンなど売れれています、2階は他には台湾土産、中国茶、水晶とかの原石?を取り扱うお店が多かったです。どこか懐かしい空気を感じたのです。内部写真は無い為ぜひ現場に行って陶器を楽しんでみて下さい。

|鶯歌老街の歴史

鶯歌老街が陶器の街となったきっかけは、清時代嘉慶期(1796年 -1820年)に呉岸、呉糖、呉曽らが鶯歌に来た際、近くの尖山地区で良質な粘土を利用して、焼窯を設置したのが始まりといわれています。その後、呉鞍が窯場を設置し、徐々に町が形成され、鶯歌が陶器の街として発展していきました。


|台北から鶯歌老街へのアックス

台北からはおおよそ30分弱で行けます、台北駅から台湾鉄道の「莒光號」に乗ります、台北から7駅の停車駅で行けます、停車区間は、台北→萬華→板橋→浮洲→樹林→南樹林→山佳→鶯歌になります。

【レトロで可愛い駅の表示看板】

|三鶯陶花源インスタ映え写真沢山取れます

巨大陶磁器のオブジェ沢山設置にしており、沢山可愛い写真が撮れます。」



鶯歌駅改札から出ると提示版があります、散策ポイントを事前に抑えておきましょう!

・鶯歌陶瓷博物館 新北市鴬歌區文化路200号、開館時間9時30分~17時(土・日曜は~18時) 休館日は毎月第一月曜日です。月曜日が祝日にあたる場合は開館して翌日休館になります。また、旧暦の大晦日と元旦、自然災害による政府発表の休日、選挙投票日は休館となります。

・三鶯陶花源 新北市鶯歌區館前路300号、開放時間[月〜金]09:30-17:00 [土日]09:30-18:00、毎月初週の月曜日 旧正月、祝日は定休日になります。

観光する事前確認すると良いでしょう!




|台湾行き格安情報

★台湾航空券:東京以外の出発地も格安で探せます、まず画像をclickしてみて下さい










|台湾ホテル

★台北以外も格安で探せます、まずチェックしてみて下さい。










|台湾航空券+ホテル

★台湾航空券+ホテル:航空券+ホテルのパック最安値検索・比較・格安予約!

「旅TIME」でお得に予約まずチェックしてみて下さい。









|台湾ツアーを探す

女子旅、家族旅行、1人旅「旅TIME」お客様の要望に沿ってプランを作成する事も可能です。









|台湾可愛い雑貨店「来好」を探す

100%台湾製造の台湾雑貨、初回購入全品5%OFF

※この文章を読んだユーザに限定!!初回購入全員-NT$50引きします!



閲覧数:63回0件のコメント

Comments


bottom of page