top of page
台湾格安旅行は台湾散歩

台湾秘境「水火同源」、300年燃え続けている不思議な岩

台湾にある「水火同源」と呼ばれる場所は、非常に特異な自然現象を持つ観光名所の一つです。


「水火同源」は、台湾の台南市に位置し、有名な観光名所の一つです。この場所は、一つの岩の中に火と水が同時に存在する不思議な現象で知られています。この岩は数百年前から燃え続けており、その間、水も湧き出ています。この珍しい現象は、台湾の伝説や神話に関連づけられており、地元の観光スポットとして多くの訪問者が訪れます。


火と水が同時に存在する「水火同源」は、自然現象の中でも珍しいものであり、観光客にはその不思議な光景を楽しむ機会を提供しています。この場所は、台湾の自然の美しさと不思議な現象を探求したい人々にとって興味深い場所の一つとなっています。


実物を見ると想像以上に炎が大く、離れていても熱が身体に伝わってきます。この地域から噴き出す天然ガスの影響で、300年間燃え続けているとのことです。岩壁からは同時に泉が湧き出ているので、下には水たまりがあり、水と火が同時に存在する非常に不思議な景観となっています。


なかなか行くにはハードルが高い場所かもしれませんが、燃える炎を見ると、言葉では言い表せない力を感じます。今後、インフラが整備されたら、パワースポットとして世界中の人が訪れる場所になるかもしれませんね。


皆様も機会があればぜひ立ち寄ってみてください。友人にも自慢できる場所だと思います。




台湾秘境「水火同源」

台湾旅行お問い合わせ

閲覧数:204回0件のコメント

Comments


bottom of page