top of page
台湾格安旅行は台湾散歩

台湾・馬祖に訪れたい、第二回馬祖国際アートアイランド『生紅過夏』2023.09.23 - 2023.11.12 開催されます!


台湾・馬祖観光

馬祖(マーツ)は台湾海峡の正北に位置し、閩江(ミンジャン)川口に面しており、黒潮と親潮の交差点でもあります。かつては豊かな漁獲で知られ、海洋貿易が繁栄する場所でしたが、明清時代の海禁政策と国境変更により、漁民が流れ着く場所となりました。民国初期には日本軍、国民党軍、閩海の軍閥がこの地で争い、戦地行政時代には島全体が国防政策に従い、36年にわたる島の姿が形作られました。


馬祖は主に北竿郷(北竿島)、南竿郷(南竿島)、莒光郷(東莒島/西莒島)、東引郷(東引島)など、4つの郷と5つの島からなり、さらにいくつかの小島が存在します。馬祖は独自の戦地文化、美しい景観、豊かな信仰を持ち、各島が個性的な特徴を持ちながらも、互いに結びついて共存しています。

中国大陸に近いことから、馬祖諸島は中国福建省閩東地方の伝統的な石造りの町並み、食文化、習慣を色濃く残しており、台湾本島とは異なる独自の体験ができます。


第二回馬祖国際アートアイランド『生紅過夏』2023.09.23 - 2023.11.12 開催されます


台湾・馬祖に訪れたい、第二回馬祖国際アートアイランド『生紅過夏』2023.09.23 - 2023.11.12 開催される、生紅過夏というテーマについて、説明します。

「生紅過夏」(tshiang ngoyngˋkuoˋha^) とは、馬祖(マーツ)地域の方言で、馬祖家庭製の古酒の醸造および発酵過程を説明する民間の諺です。「生紅」は冬に新しい古酒を作ることを指し、もち米、麹菌、井戸水を壷に入れて発酵させ、壷から濾過された酒が桃色の色調を持つことを意味します。一方、「過夏」は、加熱と丁寧な保存を経て、夏の試練を乗り越えて、馬祖の古酒が琥珀色でより滑らかな味わいに変わることを指します。


家庭での古酒づくりは、馬祖の家族に代々伝わる無形文化遺産であり、各家庭には自身の古酒づくりの秘伝があります。酒づくりの時間、原料、水源、方法、そして酒に対する感情や思い出に応じて、数百もの異なる酒づくりの方法が村々や家庭で伝承されています。現代の科学データ志向者は、気温、水質、風向が古酒の保存期限を決定すると信じています。一方、伝統的な信仰派は、謙虚で畏れ多く、酒に良い言葉をかけることが良い酒を長寿命化する鍵であると信じています。どのスタイルや方法論にもかかわらず、共通の認識は、「生紅過夏」が本物の馬祖の古酒と呼ばれるにふさわしいということであり、したがって、家庭の古酒が夏を乗り越えることができれば、「天に感謝する」ことになります。


「生紅過夏」の過程は、人、環境、そして神秘的な力の三つの要因に帰結します。これは、古酒の醸造および発酵プロセスが、馬祖で「一つのもの」を完成させるための隠喩であるかのようです。これには多くの人々の共同の努力と祈りが必要であり、自然環境や気象条件に適合し、神様の加護も不可欠です。これは、この不確実な神々の島で、人間の努力と神の意志に従ったアプローチと基準が必要であることを反映しています。


馬祖の古酒、または馬祖の先人が「紅酒」と呼ぶものは、詩的な文化の象徴ではなく、島の日常の一部です。古酒は、海で漁をする夫の体を温め、出産したばかりの妻をサポートし、紅糟や古酒を料理に加える家庭の思い出でもあります。そして、時間と空間の経過に伴い、古酒は家庭ごとの感情と物語を伝え、馬祖の人々の共同の記憶の媒体となりました。1970年代に人口が外部に移動し始める中、家庭が島外に移動するにつれて、古酒も異国で根付いて、古酒が家庭の思い出を構築する手助けをしました。


「生紅過夏」は、古酒の醸造過程を表すだけでなく、アートが馬祖の一部となる過程をも説明しています。この醸造および発酵の過程は、たった1夏だけでなく、何百年にもわたります。これは、先祖が漁業や農業を通じて、そして戦時政治活動の時期に培った文化遺産が、アートアイランドを通じて新たな命を吹き込み、アートの展示会場として蘇る過程を指しています。馬祖国際アートアイランドは、5回の10年を基準に考えられた場であり、アートは風景を飾るだけでなく、社会の醸造酵母として機能し、何世代もの夏の島の醸造を受け継ぎ、10年を一周期とした酒を造り出す役割を果たします。


アートアイランドは第1回目が「生紅」であり、第2回目に向けて備えています。夏をどう乗り越えるか?アートは一般家庭に浸透し、馬祖の住民が共同で保護し、風土との交流を図り、神々が認める加護を受ける存在となる必要があります。



「馬祖・藍眼淚」の絶景を求めて

台湾では、「藍眼淚」として知られており、海面が青く幻想的に輝く不思議な自然現象を指します。この現象は、CNNの「世界十五大奇景」にも選ばれたことがあり、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 体験編/三才ブックス」にも掲載されました。


この現象は、台湾の離島である馬祖で、毎年4月から9月までの期間に鑑賞できると言われており、大自然がもたらす奇跡の光景を体験することができます。


馬祖への交通手段

①航空便利用 台北松山空港から「立栄航空」利用で、松山 - 北竿/南竿(約50分)


②フェリー利用 基隆−東引/南竿(約8時間/約10時間)

※ただし、気候が急激に変化するため、便キャンセルやスケジュール変更が頻繁に発生します。最も一般的なのは、濃霧のために飛行機が運航できないことです。そのため、フェリーに切り替えたり、宿泊を延長することが多いです。余裕をもったスケジュールを計画することをおすすめします。


③島間の移動方法は船  


馬祖旅行の手配に関しては、、株式会社AIR PLANNING『台湾散歩』手配は可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。


馬祖観光・馬祖旅行



閲覧数:39回0件のコメント

Комментарии


bottom of page