蚤の市で売られる陶器鉢
  • 台湾散歩

台湾の高雄でイギリス気分

更新日:4月11日

打狗(だぐこう)英国領事館の散策

打狗(だぐこう)は「高雄」の古称です、1920年に「打狗(ターカウ)」と発音が近い京都の「高雄」に改称。

高雄市の西子湾に面する高台にある「打狗英国領事館」は18年、英国人によって建てられ、台湾に現存する洋館の中で最も古いです。



赤いレンガ造りの洋館は丘の上に建ち高雄港を見下ろす事ができる。夕方海に沈みゆく夕日は絶景な場所なので是非日没時間に合わせて西子湾を真っ赤に染める夕日堪能しましょう。

打狗英国領事館は140段以上ある急こう配の階段を登らないと行けないので階段途中絶景は広がります、体力に自信がない人はタクシーで入口まで行けますのでご安心ください。




ここで本場イギリスのアフタヌーンティを満喫することができる100年前のイギリスにいるような気分が味わえます

高雄に行ったらぜひ「打狗英国領事館」でイギリス気分をゆっくりと楽しむのもいいかも





新型コロナウイルスの収束はまた見えない中、このような紹介しかできませんが皆様安心して旅に出られ日が一日も早く来る日を心より願っています

【旅の予約は旅TIMEへ】


格安海外航空券+ホテル セットで完全お得!


格安海外航空券予約はこちら


予約は↓↓↓コチラ


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示